圧力鍋、次はしっかり比較検討して選ぼう! ≫ 圧力鍋の比較・口コミ評価

メイン料理(おかず)のレシピ

■材料  ※約4人分(目安)
鶏もも肉
※できれば骨付き 
2枚分
玉ねぎ1個
にんじん1/2本
マッシュルーム4個
にんにく1片
オリーブ油少々
【ソース】
200cc
赤ワイン200cc
固形スープの素1/2個
ハヤシライスのルー 適量
塩・こしょう適量
バター少々
パセリ少々
調理時間:約30分
家庭で簡単に作れる、本格ディナー!
鶏肉の赤ワイン煮 出来上がりイメージ
できあがりイメージ

■作り方 ※ここではT-falのクラシックタイプ(旧型)の圧力鍋を使っています
1. 鶏もも肉は1枚を4つに切り、塩・こしょうをしておく。
玉ねぎは(縦半分に切って、繊維と直角の方向に)1cm幅の半月切り。
にんじんはシャトー切り(3~4cm長さのくし形切りを面取り)にする。
マッシュルームは薄切り。にんにくはみじん切り。
2. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、鶏肉に焼き色を付けたらいったん取り出す。
さらに、玉ねぎ、にんじん、マッシュルームを入れて炒める。
3. 圧力鍋2.の材料と、赤ワインを入れて火にかける。
煮立ったら浮いてくるアクをとり除き、水と固形スープの素を加え、ふたをして加圧。
【加圧:高圧8分 → 火を止め、自然放置】
T-falの圧力鍋の場合、安全ロックピンが上がった時が加圧の状態です。加圧時は弱火
4. 自然放置後、圧力が完全に抜けた状態になったらふたを開け、
(市販の)ハヤシライスのルーを入れて少し火にかけ”とろみ”をつける。
塩・こしょうで味をととのえ、バターを少し入れて風味づけ。
器に盛って、パセリのみじん切りをふって出来上がり。

■コメント・備考
通常、赤ワイン煮のとろみづけにはデミグラスソースを使うようですが、
家(うち)ではハヤシライスのルーなんですよね(^^)。
圧力鍋だと、骨付きの鶏もも肉のほうが美味しさを引き出せると思います。
もちろん、骨なしでも柔らかく仕上がって美味しいですけどね。
肉のかわりに(市販の冷凍)ロールキャベツでも合いますよ。
赤ワインをソースに使うと”高級感”のある味になりますね。
家庭で”本格ディナー”が、簡単にできちゃう♪ 我が家でも大好評!
ちなみに料理で使う赤ワインは「飲んでおいしいもの」を選ぶといい、とテレビで一流シェフがおっしゃってました。
うちの場合は、安くて美味しいこちらのワインを使ってます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1027